講師を依頼するならしっかりした紹介業者から|プロのノウハウを学ぶ

スマイル

きちんとした礼状を送ろう

教師

講演会への依頼を講師にするときは、まず依頼したい講師に前もって連絡を入れます。この連絡を入れる時期は少なからず講演を行う2カ月前には入れるようにしましょう。そうしないと講師の方はスケジュールが組めず、迷惑がかかってしまいます。講師の方へのそういった配慮も忘れずに依頼をするといいです。講師の方は派遣で講演を行ってくれる方から個別に依頼する方法まで様々な方法があります。特定の講師の方に依頼したい場合はいいですが、講師が決まっていない場合は、講師の派遣を行ってくれるサイトなどで探すと便利でしょう。

依頼する講師が決まったら、講師の方に依頼状を書く必要があります。依頼状は一派的にパソコンのメールが多いです。メールの方に名前や講演をする場所、日時などを記入しましょう。また、初めにメールを送るときは自分がどこの誰かどんな要件でメールをしたのかなども簡潔に書いておくと講師の方もわかりやすくていいといえます。依頼メールの書き方などは、インターネットや書籍などで簡単に検索することができますので、そういったものを参考にしてみるといいでしょう。依頼メールを送ると講師の方から返信メールが来ていないか確認します。もし、返信が来ていないようならこちらから再度メールの方を送ってみるといいです。それでも返信がなければまた別の講師の方に依頼を考えてみましょう。この依頼メールで承諾を得るまで根気よく講師探しをしていくことです。そして、講演会が無事終了したら講師の方にきちんとお礼状も書くことが重要です。