講師を依頼するならしっかりした紹介業者から|プロのノウハウを学ぶ

男性

いろいろな配慮

講義

学校や施設などで講演会を依頼するときは、まずその人のことを本やインターネットなどで調べおきましょう。依頼する時期は前もって2か月前までには連絡するようにします。具体的なことはメールを送るといいです。

View Detail

探し方は様々なある

先生

講演会を依頼するときは、講師の派遣をしている会社がありますので、そこで探すといいです。講演を行う場所や誰に向けて話すかなどでも講師選びは関係してきますので、そういったことも踏まえて要望に合った講師探しをしましょう。

View Detail

聞き手を引き込むポイント

先生

講演会を行うときまず講師の方の紹介から入ります。この紹介の仕方によってこれから話すことに聞き手側をうまく引き込めるかという基準になってきます。最初の紹介の仕方が上手じゃなかったことで、講演会の内容にも響いてくることもありますので、しっかりとした紹介文を考えておきましょう。聞き手側に興味を持てもらえるような紹介のポイントを知っておくと非常に大変役立つのです。

聞き手側はあまり興味の湧かない紹介だとつまらなくなってしまいます。良く講師の方の経歴などを紹介する人もいますが、経歴などは聞き手側にはあまり関係のないことですので聞き手を引き込むことができないといえます。こういった紹介の仕方は控えるようにしましょう。ちゃんと興味を持ってもらえるような紹介文のポイントは、まず一つはこれから講師の方が話すことはどんな風に自身の役に立つかということです。自分の役に立つ内容でないと人は興味を持てないことが多いです。この講演を聞くことによって、何かしらで自分に対してメリットがあるのかかが話しに引き込む重要なポイントになるのです。そのほかには、講演を聞き終わった後にどのような利益を得ることができるかということも紹介しておくといいです。利益とは、自分の考え方を変えることができたりだとか講演を聞くことで得られる変化などです。そういったことを最初の紹介のときに話すことで聞き手はより講師の話に興味を抱いてくれることでしょう。紹介文の内容をしっかりと考えることで、より充実した内容の講演会になるといえます。

きちんとした礼状を送ろう

教師

講演会を講師の方に依頼するときは、必ず前もった期間をあけて依頼しましょう。また、講師の方にイ依頼の詳細内容をメールで送るといいです。このメールでしっかり自分の紹介やどういった内容の講演会にしたいかまで伝えること重要です。

View Detail